合同会社ホークアイロゴ

別れさせ、復縁・浮気調査のことならホークアイにお任せください!
全国各地24時間対応いたします。

-工作業務と弊社の方針について-

弊社基本方針や恋愛工作業務、業界についての知識などをまとめております。
ご相談メール、お電話や面談前に是非ご一読ください。

-本文-
工作という業務は
非常に成否が不確かなものであり、いかに知恵を絞って最善の行動をしても、ご依頼者様の望む成果が出ない事も多々ございます。
「人事を全うして天命を待つ」
という言葉がありますとおり、最善を尽くしても結果は誰にも保証ができないという事をまずご承知いただければなりません。
しかし、会社側ができる人事において最善を尽くすという点はお約束いたします。
(※弊社は、口約束ではなくきちんと、書面に規約として稼働をできる限り透明化する内容を記載させていただきます。)
また、
工作調査という業務は、私達探偵が扱う業務の中でも郡を抜いてデリケートな分野であり
●対象者とのトラブルリスク
●契約中のパートナーである依頼者様とのトラブル
等が発生するリスクが一般調査などのより遥かに高く含まれる大変高度な業務です

そのため、適切な稼働を行う探偵社の多くは
トラブルリスクが多い工作業務は倫理観を建前の理由として敬遠しがちになっております

また、それだけのトラブルを抱える割に工作業務は利益率において一般調査業務がはるかに劣ることも理由の一つです。

何故工作業務は利益率が一般調査より低いかと申しますと
工作員の人件費の一言に尽きます
実際に適正な工作業務をしている弊社の経験や知識から、いかに工作業務を生業として行う事が難しいかというのを箇条書きにすると

1.常駐人数
まず、プロとして依頼をうけるならば、様々な依頼者のニーズにおこたえするために、一定以上の多様な工作員を常に配備する必要があります
弊社で言えば、都内だけでも最低男女合わせて100人ほどはバラエティに富んだ工作員を配備することをその一定のクリアとしています

2.質、教育
いくら人員数を確保していても、
その工作員がアルバイト感覚のようないい加減な人間だと当然トラブルが頻発しますし、
調査員と違い、
対象と直接接触する工作員は、一つのミスが案件台無しどころか、
刑事事件にまでなる事もありえますし、それ以前にいい加減な人間を工作員に据えると
●契約期間中に仕事を放棄
●職務怠慢や守秘義務違反などを始めとした背信行為
といった行動を犯す可能性非常に高く、そのため工作員として起用される者は社員ではない登録スタッフでも、社員レベルの信用性とスキル、といった適正が揃ってなければ使用できないのです。
そして、
この適正は教育では得にくく、天性による部分がほとんどです。
要約すると
工作員という人材は
一般的なリクルート手段で必要数をあつめると、とんでもない事件を巻き起こす事が高確率で予想できるため、一般的なリクルート手段で使えず、人数、質共に確保する事は非常に困難という事が言えます

3.工作員給与などのコスト
社員レベルの力を持った上で、
工作稼働案件を担当から振って貰わなければ給与が発生しないのが、登録工作員で弊社工作員の大半は、この登録工作員になります。
理由は簡単で先程述べた一定数全てを社員にするとその固定人件費だけで、一瞬にして会社は潰れるからです。

そして、
その多様な人員を置く事は必須になりますが、その中でも依頼を振られ易い工作員はかなり偏ります。
人気のある工作員は数日の稼働で社員以上に稼ぐ者もいますが、その逆に依頼が全く回ってこない工作員も多くいます。
しかし、時にはその人間をピンポイントで要する案件もあるため、
そういう人材にも不満なく在籍してもらうため、会社側の管理スキルも必要になってきますが、
やはり大半の工作員自体が
●人の裏を見ても大丈夫、むしろ好きだという精神的なタフさ
●金銭面的な安定を工作業務一本では求めないという経済状況
●背信行為は行わない確証に近い素行評価
この3つの性質を当初から持ち合わせている事は必須になってきます。

前述した理由から
弊社はリクルートなどやっておらず、スカウトや紹介のみで人材を確保しています。
それのみで、条件をクリア出来ているのは弊社の代表を含めた幹部社員が特殊な経歴を持ち、それぞれがそれを成し得るパイプを持っているからで通常はなし難いものを成していると言えます。


-工作業界に詐欺の噂が絶えない理由-
上記にて工作業務を適正に行うことが、どれだけ難しい事かお分かりいただけたかと思います。
反対に、一般調査は利益率が良く、調査スキルさえあれば工作よりはるかに簡単に営業をスタートでき、リスクもはるかに低いため
真っ当な探偵業者は、この工作業務からは手を引きやすいのです。
そうなってきますと、反対にお客様を騙そうなどという組織が増加していきます。
理由は以下です
1.善良な会社がほとんどなければ、依頼者が5つの会社から依頼先を選んだとしても、どこも50歩100歩なので、淘汰される事がなく競争原理が働かない

2.依頼料自体は相場が高いから
まともに工作を開始すると高コストの原価があるため、どんなに安くても料金額は数十万〜数百万となるのが至極当然、ともすればはじめから依頼者を騙すつもりで、工作員などを抱えず、仕事をやったふりをすれば丸々100万円近いお金を得ることができます。
そのため、そういったところは契約数が少なくともそうそう潰れません。
3.依頼者が弱っている場合が多いため、内容の杜撰さが気づかれにくい。
基本的に工作をご依頼される方は精神的に弱って方が大半です。
そうなってくると、本来なら不信なだと足を止めるような事柄も、藁にもすがるような状態のため、見逃してしまいます。

4.3で内容が不透明な契約を結べば、返金問題にもなりにくいのが実情で、近年ではあからさまな詐欺ではなく、表面はやったかのように見える詐欺が流行しています。
裁判では原告に債務不履行の立証責任が生じますため泣き寝入りがほとんどになってしまいます。

このような点が詐欺の温床となる原因です。


-弊社が利益率の低い工作業務から手を引かずに誠実にやっている理由-

弊社が設立から今もなお工作業務をお引き受けする理由は以下です

1.設立当初は仕事を選ぶ余裕はなかった

2.設立メンバー皆が当初から人望、人脈という大変有り難いスキル持ち合わせていたため、工作員確保という最大課題を難なくクリア出来た

3.設立から経過が立ち経営に余裕ある今でも弊社が工作業務から手を引かない理由は、詐欺が蔓延する業界に一石を投じたい使命感

4.3に次いで誠実に工作業務をやっていけば、一般調査ではないような感謝をいただける喜び
加えてそれが、回り回って様々な人脈の形成を成し、弊社が発展していって今現在があるからです。


-工作員の立場から見た契約-
弊社では工作業務の契約を結ぶ際は
依頼者様と契約を結ぶと同時に、工作員とも契約を都度交わします。

工作員はリスクが高く、
制約なども大変多いハードな仕事です。
そのため、お客様のご依頼を責任持って全うするためには、
工作員もその内容をしっかり把握した上で、
依頼者様の希望に添った稼働が可能か慎重に熟慮してもらい、毎回契約に望んで貰っております。
また、それらの誓約を破った場合はご依頼者様の損害はもちろん弊社が負担しますが、
弊社はその後工作員にその被害補償を請求する契約内容を設けるのが原則です。


-会社を選ぶポイント-
よくある質問にもある、
探偵社のポイントを記載します。
※下記を満たしていても必ず優秀とは限りませんが、逆に抜けがある場合は注意と言えます。

1.
依頼者の話を最後まで親身に聞いてくれるか

これは最低条件です。
電話だと一番わかりやすいですが、依頼者の話を遮って、プランや料金なんかを話し出す会社はまずNGです。

2.
客観性ある意見をくれるか

親身に聞いてそれを鵜呑みにしてプランを構築するならばそれは素人と変わりません。
依頼者の話はきちんと聞いた上であらゆる視点から考察する思考力がプロには必要です。

3.
アドバイスや提案するプランなどに裏付けがきちんとあるか

適切なアドバイスには必ずその裏付けがあります。
具体的にいいますと
経験や事例、データなどを兼ね合いに出し示し、一つ一つの相談に適した意見は価値があるという事です。
反対に納得いく裏付けがなく、どこかで見聞きしたようなマニュアル的な発言はお金を出す価値はないと思って良いでしょう。

4.面談を急かさないか
ハッキリ言い切れますが、
お見積もりや、工作の手法などの内容を提示する際に対面しないと話せない、提示できない事はほとんどありません。
にもかかわらず、「詳しくは面談にて」とする場合はお客様を場の雰囲気に巻き込み、
望まぬ契約を依頼者様の冷静な判断を待たずに決めさせるのが狙い可能性が高く疑われますので、注意が必要です。

5.有料の事前調査をすすめてこないか

最近特に増えている被害報告が、
工作業務契約後の稼働においての事前調査詐欺です。
詳細は文だとかなり長くなりますため、お電話でお尋ねください。
大半の工作において有料の事前調査は必要ないことが多く、弊社の経験から言えば無料でやれるものが大半です。

6.工作員を契約前に公開しない

文の大半で示したとおり、工作において、一番重要なのは工作員です。
にもかかわらず
・工作員を公開しない
・契約後に公開するという
このような事はあってはいけません。
様々な理由をつけて公開を拒んでくる場合は、ご依頼者様のご期待に添えるような工作員がいないため、引き合わせできない場合がほとんどです。

7.稼働の内容は毎度一緒に決めることができるかまた、報告はリアルタイムも可能か

これは内容の透明性を図ろうとする会社なら、この試みを行うはずです。
しかし、不誠実なところは
●依頼者様の暴走を予防するため
●会社のノウハウの流失防止のため
などの理由つけをして拒んでくる可能性が高いですが
このような理由は適切な処置をしていればなんなくクリアして透明化を計れますため、騙されないようご注意ください。

上記をポイントに会社を選ばれますと、よりよい会社様と引きあえる可能が高くなりますため、ご参考にされてください。

ホークアイ 事務局